単身赴任の夫が帰ってこない

 

単身赴任で2年前に東京に転勤した夫は、

今回めでたく昇級となったようです、

家では、あんなだけど・・・仕事は、しっかりやってたようです。

それはそれとしても、結局、東京で着任の辞令なので、

半永久的に大阪にはかえってこないという事になりました。

家族同居の家賃補助が出るので、

かなり広いマンションに住めそうです。

お義父さんも居るしね。

息子は、社会人なので、扶養義務はないので、カウントできず。

だけどねぇ・・・・お義父さんのデイサービスもそろそろ再開と思ってたけど、

東京じゃ、どうかな。

まだお義父さんには打診してないけど。

 

多分、このまま、別居生活になりそうな気がします。

寂しいけど、お義父さんをいつか看取ったら、私が、東京?

仕方無いかも・・・、サラリーマンの妻だから。

今のところ、私自身の職場もあるので、

経済的には、問題なく、

夫が家のローンを支払い、生活費は、私の給与で賄う事に、

以前は、下宿代と学費があったけど、この春に終了。

やっと、解放されました。

夫は、広いマンションに引っ越したいようだけど、

多分、無理でしょう。家族と同居じゃないですから。

多少は寂しいけど、今までどおり単身赴任だと思って、割り切って暮らすことにしました。

月に一度は、帰って来るようなので十分ですよ、

コロナが落ち着いたら、私も、TDLに行きたいので東京に行く予定。

私は、それでいいけど、、お義父さんにも聞いてみないと分からないので、

明日、伝えようと思います。

なんだかんだ言っても、息子ですから。

もしかしたら、一緒に暮らしたいかもしれないので。

お義父さんは、帰って来ても殆ど喋らない息子より、

たっちゃんのクローバーの植木の方が可愛いようです。

そりゃそうだ・・・息子と言っても、いい歳のオッサンですから。

 

 

 

 

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん

単身赴任の夫から、ふざけた提案に呆れた

 

週末なので、お義父さんの家、に様子を見に行ってきました。

無人の家なので、たまには行かないと、お義父さんが気になるようです。

ブツだんも持ってきたから、お義母さんもすぐ近くに居るのに、

長年住み慣れた自分の家、どうなっているのだろうと、言うので、

私が行って、ラインのライブで見せてあげています。

もう古い家なので建て替えもしてないし、

最終的には、壊してサラ地にするしかないですが、

まだ先の事なので万が一、お義父さんが自分の家に帰りたいと言い出した時用に

窓も開けて、風を通しています。

毎週は私もイヤなので、せいぜい、月に一度ですが。

 

たまに、認知症が進んでいる?

と心配になるぐらい、同じ事を何度も言ってますが、概ね正常です。

特に、植物の事になると、

最近、ネットでクローバーの商品情報を読んで勉強しているので、

頭を使うのはよい事なので、二人でPCを見ながら、ワイワイ話しています。

だって、そんなに共通の話題なんてないですから。

せいぜい、食べる事ぐらい。

女の人なら、服や小物の話も出来るけどね。

だから、夫には、早く帰ってきてほしいのですが、

単身赴任の期間が、どうやら、また延びて、今日、

「もしかしたら、ずっと東京かもしれんわ」などと、恐ろしい事をメールで送ってきたので、

「一体、どういうこと?!

それなら、お義父さんをそっちで引き取って、一緒に暮らせばいいでしょ!」

怒りの返信をすると、

「アンタも東京に来れば問題は、解決する」と言い出すし・・・

この年で、いきなり住み慣れていない東京はイヤですから、

ふざけてるーーー!・・・でも子供も東京なので、それはそれで一理あるけど、

今の家だって、ローンが残っているし・・・。

亭主なんて、月に一度、顔を見るぐらいで十分なので、

私は、このままがベスト。

相手にせずに知らん顔で通すつもり。

正式な辞令はまだ出ていないので、でてから、考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん

日本もドキドキですよ。

 

今まで、この年になるまで、

日本に生まれて、よかったと思っていたけど、

そうでもない危険な位置なのだと、最近思うようになりました。

でも、海外に移住するわけにはいかないし、

杏さんが、フランスに移住を考えていると出てたけど、

子育て中の親なら、考えるかもしれないですよ。

隣りには、北朝鮮の王様が居るし、その少し北側には、プーチンのロシア。

横には、中国。

三つどもえですからね。

昨日の友は明日の敵的な、大陸的の戦略的地盤で生きてきた人種。

「三国志」読んでも、もう敵になったんだ・・ですから。

島国の日本人とは、生まれ持った思想も根本的に違うし、

日本は、大丈夫なんだろうかと不安になってきました。

出てくると言うと、月100万の国会議員の文書費の話だし・・・

そう言いながら、私も、毎日、変わらない生活を送っているのだけど、

お義父さんのように、戦争を経験した年代は、

「もう戦争はイヤだな」と言ってますが、

その悲惨さは、経験した人でないと分からないと思う。

出来れば、あと、50年、

もうちょっと頑張って、100年、戦争が勃発しない事を願いたいですね。

日本では、これから、桜が満開。

のんびり桜を見れるのは、今年が最後だったりして・・・・

怖いですよ。

来年の予想が出来ないものね。

コロナもあるし。

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん

義理父との同居生活

 

先日からの暖かさで、

近所の桜が開花していました。

まだ3月だと言うのにね、

お義父さんと同居になってから、デイサービスに通いだしたものの、

コロナ感染数が収まらず、すぐに自宅待機。

息子である夫から、絶対外出しないでよ、と言われ、

一歩も外に出てなかったけど、この陽気、

春分の日に、お義父さんと、お墓詣りに行ってきました、

お墓は、お義父さんの家の近くで、

勝手知ったる散歩道、

嬉しそうに歩いていました、

仏壇も我が家に運びましたが、やっぱり、お彼岸はね、お墓参りですね。

転居しても、お義父さんは、落ち込むこともなく、

だれかと一緒というだけで(日中は、私は職場ですが)

安心して、リラックスしている様子。

それが、一番心配でした。

高齢になっての環境の変化、ですから。

お義父さんの日課のたっちゃんのクローバーの鉢も、どれも、

引っ越ししても元気にしています。

徐々に増えてきた観葉植物のお世話に忙しいようです。

家族は、バラバラになったけど、

今のところ、認知症も進んでいないので、このままで平穏に過ごせたらと思っています。

夫は、私が同居というだけで、電話もしてこないし、メールも週末にチョロッと短文メールが届くだけですが。

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん

福島の地震、東京の家族の安否確認

 

昨夜、寝ていたら、地震速報で目が覚めました。

単身赴任中の夫と一人息子が東京在住。

場所を都内でも設定居ていたので、

大阪に居ても、すぐわかる。

震源地は福島県沖、

震度7.4って、大きい。

東日本大震災の時も、都内まで影響があったので、

即、メールしました。

だけど、待っても、待っても、安否確認の返信はナシ。

連絡が付かないと、悪い方に想像してしまうので、

今度は、電話。

まさか、寝てないでしょう。

すると、間延びした声で、「大丈夫だから」という息子、夫は、その次です。

優先順位がそうなってるのだから、仕方無いですよ。

夫は、停電してると言ってましたが、昭和生まれだったら、停電は年度も経験してきているし、

多少でも、災害備蓄はしていると思う。

問題は、息子。

スマホの電気で照らしながら歩いてるとか・・・・

平成生まれはのんびりしてるわ。

懐中電灯、買ってないと言うし、

どうかと思いますよ。

都内は、信号も消えて(数時間だったようだけど)大変だったと思います。

2人とも、寝てたので、早く家に帰っていて、よかったです。

お義父さんは、引き取って同居しているので、こんな時、安心ですが、

これが、大阪で起こって、別々い住んでいたらと思うと、

怖いです。

今回は、今のところ、津波も起こらなかったようだし、よかったですが。

あの紳士から、11年、

日本人の多くの人の記憶に焼き付いたあの様子。

もう二度と来てほしくないですね。

でも、まだ、これからやってくると予測されているので、

お義父さんと同居になったので、二人分の災害の備蓄をしておかないといけないと思います。

今日は、感染者数も減ってきたので、会社でも、少し、皆の笑顔が増えてきたな、と思いました。

暖か買ったり、冷え込んだり、

こんな時期に、風邪をひきそうなので、ネギをたくさん食べることにしました。

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん

突然、結婚の爆弾宣言をした息子は・・・・・

 

就職が決まった子供が、

突然、結婚を考えていると爆弾発言をしたのが、去年の暮。

とんでもないですよ。

結婚は反対しませんけどね。

そんなことで、一生に一回のご縁を逃して、

ずっと独身でいられるのも困りものだし、

あの時、母さんが反対したからと、終生言われそうなので、

着任が決まってからがいいんじゃない?という返事で、時間稼ぎしています。

相手の娘さんも、どこのどんな人かもわからないし・・・

どうやら、同じ大学の同級生らしいですが。

という事は、彼女も就職ですからね。

それどころじゃないはずですよ。

今は、昔と違い一生働く世の中ですからね。

最初の就職は、重要。

「お互いの着任先が決まったら、また連絡してね、応援してるから。」

と、話の分かる母親のフリをしているけど、

相手も相手ですよ。

うちのバカ息子に一生をゆだねるなんてね・・・・

オミクロンが落ち着て来たら、日帰りでも一緒に帰ってくるそうです。

結構、でももし、泊まるとなってもアンタの部屋は、もうおじいちゃんが使ってるから、寝るのは、リビングですからね。

それにしても、相手の親御さんは、ご存じなのかしら?

責任とれと言われてもね・・・・単身赴任中の夫が、同じ都内なのだから、話を聞くべきですよ。

なんで、私が、遠く離れた大阪で、遠隔操作しなきゃいけないの!?

お義父さんは、最近また最近、たっちゃんに植木の事で質問があるとか言ってるし、

どうやら、クローバーで新規購入を関揚げているようです。

まあね、春ですからね。

 

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん