福島の地震、東京の家族の安否確認

 

昨夜、寝ていたら、地震速報で目が覚めました。

単身赴任中の夫と一人息子が東京在住。

場所を都内でも設定居ていたので、

大阪に居ても、すぐわかる。

震源地は福島県沖、

震度7.4って、大きい。

東日本大震災の時も、都内まで影響があったので、

即、メールしました。

だけど、待っても、待っても、安否確認の返信はナシ。

連絡が付かないと、悪い方に想像してしまうので、

今度は、電話。

まさか、寝てないでしょう。

すると、間延びした声で、「大丈夫だから」という息子、夫は、その次です。

優先順位がそうなってるのだから、仕方無いですよ。

夫は、停電してると言ってましたが、昭和生まれだったら、停電は年度も経験してきているし、

多少でも、災害備蓄はしていると思う。

問題は、息子。

スマホの電気で照らしながら歩いてるとか・・・・

平成生まれはのんびりしてるわ。

懐中電灯、買ってないと言うし、

どうかと思いますよ。

都内は、信号も消えて(数時間だったようだけど)大変だったと思います。

2人とも、寝てたので、早く家に帰っていて、よかったです。

お義父さんは、引き取って同居しているので、こんな時、安心ですが、

これが、大阪で起こって、別々い住んでいたらと思うと、

怖いです。

今回は、今のところ、津波も起こらなかったようだし、よかったですが。

あの紳士から、11年、

日本人の多くの人の記憶に焼き付いたあの様子。

もう二度と来てほしくないですね。

でも、まだ、これからやってくると予測されているので、

お義父さんと同居になったので、二人分の災害の備蓄をしておかないといけないと思います。

今日は、感染者数も減ってきたので、会社でも、少し、皆の笑顔が増えてきたな、と思いました。

暖か買ったり、冷え込んだり、

こんな時期に、風邪をひきそうなので、ネギをたくさん食べることにしました。

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん