お義父さんのショックなこと

 

昨日は、ショックな事がありました。

だから、夫が行くべきなんですよ。

週末なので、お義父さんの家に行ってきたのですが、

玄関で、私の顔を見るなり、怪訝な顔をして、

「どちらさんでした?」と言われました。

一瞬、血の気が引きましたが、

お義父さん、何、冗談言ってるんですかと言うと、

「ああ、そうだった、」と名前も思い出してくれましたが。

ちょっと、怖かったです。

家の中は、どうなっているのだろうと入って行くと、中は、特に変わりなし。

食器もきれいに洗い上げてありました。

だけど、認知症は進んでいると思いました。

早く夫が手続きを取らないと、放浪して、帰る家が分からなくなったら、困りますから。

 

お義父さんは、外出の際、必ず、スマホを持って出るので、

荷物確認だけは、切っちされるので、

GPSをONにしておこうと思います。

新幹線、やはり、混んでるようですが、

自分の親の一大事ですから、早く帰ってきてほしいです。

 

お義父さんは、日々のルーティンワークは忘れることなく、新聞を朝、取って、

たっちゃんのグローバーで買った観葉植物を縁側に置き、水やりをして、それから、朝ごはんです。

几帳面ですね。

朝ごはんは、納豆と、海苔と卵ごはん、

そんなところでいいと思います。OK、OK、

火を使わない方が、気が楽です。

それから、掃除洗濯もされます。

昨日は、早めに行ったので、洗濯の最中でした。

優しい温和な方なので、・・・なんであんな息子が生まれたのか不思議だけど・・・・

このまま、症状が進まない事を祈りたいです。

 

 

 

 

 

 
*ブログランキングに参加してます。ポチ頂けると励みになります。
植木屋たっちゃん